累風庵閑日録

本と日常の徒然

『岡田鯱彦名作選』 河出文庫

●中断していた『岡田鯱彦名作選』 河出文庫 を読了。

岡田鯱彦って、こんなに面白かったのか。収録作の多くが五十ページ以上の作品で、内容もきちんと書かれており、読み応えがある。犯人探しタイプのミステリは、ある程度長い方が楽しめる。「石を投げる男」で書かれた、解決場面で伏線のページをいちいち明示するなんて趣向は、伏線をしっかり配置するだけの書き込みが前提だし。

個々の作品についての感想は省略。なにしろ、しばらく前に読んだ前半の収録作は、その詳細をほとんど忘れてしまっているのでね。どうも脳味噌の記憶を司る機能が残念なことになっている。

●それにしても、この河出文庫本格ミステリコレクションはいい。今更だけど。飛鳥高岡田鯱彦も、収録作が粒揃いである。