累風庵閑日録

本と日常の徒然

『呪われた穴』 N・ブレイク ポケミス

●『呪われた穴』 N・ブレイク ポケミス 読了。

 地味である。その地味さはクロフツ流の、可能性をひとつひとつ着実にたどって前進してゆく「線」の地味さではない。関係者の人物像と相互の関係とをじっくり掘り下げ、絵の具を塗り重ねるように全体の情景をじわじわと描き出してゆく「面」の地味さである。

 シンプルで決定的な手がかりを提示して、探偵が大見得をきって犯人を指摘するような派手な場面はない。ついに最後の解明まで、地味なままであった。関係者の心性に関する深い洞察と、些細な台詞の積み重ねから真相を見出すナイジェル・ストレンジウェイズの探偵法は、どうしたって地味になるしかないのだ。

 真犯人を隠蔽する趣向の一つはあまりにもありがちだし、もう一つは(伏字)というのが、ちといただけない。だが全体としてつまらなかったわけではない。人物描写の面白さで読める。ミステリにハマった中学生の頃に読んで楽しめるとは思わないけれども。