累風庵閑日録

本と日常の徒然

『歌うダイアモンド』 H・マクロイ 晶文社

●『歌うダイアモンド』 H・マクロイ 晶文社 読了。

 粒揃いで上質な短編集。ほぼ十三年物の積ん読で、とっくに文庫版も出てしまったのをようやく読んだ。作者の発散する不安感とペシミズムが妙に胸に迫る。以下、いくつか簡単な感想コメント。

「東洋趣味」:戦前の国内探偵小説のような味わい。訳文がお見事。話の流れからして、いったいどれほど不気味で不快な結末か、と思っていたらそれほどでもなかった。

「Q通り十番地」:生活スタイルの強制と「個」の否定が、さほど荒唐無稽に思えないのがおぞましい。

「ところかわれば」:異文化の側から見た違和感を描くだけかと思って退屈しかけたが、終盤の会話から作者の冷ややかな視点が見えて秀逸。

「鏡もて見るごとく」:長編版をぜひ読まなきゃ、という気になった。

「歌うダイアモンド」:突拍子もない謎の設定が突拍子もない真相に至る怪作。

「風のない場所」:傲慢と不寛容と無慈悲によって滅ぶだの衰退するだのってのが、さほど荒唐無稽に思えないのがおぞましい。

「人生はいつも残酷」:散りばめられた多くの伏線が最後に活きて意外な真相が判明する、堂々たるミステリ中編。