累風庵閑日録

本と日常の徒然

『巡礼者パズル』 P・クェンティン 論創社

●『巡礼者パズル』 P・クェンティン 論創社 読了。

 前半はよくあるサスペンス・メロドラマのようで、なかなか物語に乗れない。ところが中盤、主題が見えてからは俄然面白くなった。素晴らしい盛り上がりで、ぐいぐい読める。ありきたりのサスペンス・ミステリの冗長さが、よくできたサスペンス・ミステリの緊迫感と捻りとに取って代わられるのだ。面白い。

●松竹の映画『八つ墓村』を借りてきた。来週、ネット上の横溝正史ファンがタイミングを合わせて一斉に観るというイベントがあるのだ。