累風庵閑日録

本と日常の徒然

『悪魔はすぐそこに』 D・M・ディヴァイン 創元推理文庫

●『悪魔はすぐそこに』 D・M・ディヴァイン 創元推理文庫 読了。

 上手い。まったく上手い。犯人の設定も、手掛かりの出し方も、手掛かりの真の意味から読者の目を逸らす手際も、実に上手い。巻末解説にあるように、再読したら「上手さ」がぎゅうぎゅうに詰まっていることが分かるのだろう。恐れ入る。

 登場人物達が個性的なのも、ぐいぐい読ませる力になっている。支配欲、権力欲、虚栄心、傲慢さ、愚かさ、気の弱さ、嫉妬、怠惰、そういった人間の凹凸が生き生きと描かれているのだ。組織の上長に振り回される現場担当者なんて他人事ではないし、己の凡庸さに気付いてしまった者の焦りと不安なんて、どうも身につまされるものがある。