累風庵閑日録

本と日常の徒然

『ウォンドルズ・パーヴァの謎』 G・ミッチェル 河出書房新社

●朝から病院。三ヶ月に一度の定期通院である。といっても、薬の処方を出してもらって次回の日取りを決めるだけなので、お医者殿との会話は一分ほどで終わる。

●『ウォンドルズ・パーヴァの謎』 G・ミッチェル 河出書房新社 読了。

 その物語は、緩急自在。肉屋のフックに吊り下げられた首なし死体という猟奇的な事件なのに、やけに扱いが軽い。最初に記述されるときには、会話の中で街の噂話としてさらりと触れられるだけ。大きな進展も、重要な証拠の発見も、同様に軽く流されてしまう。前日の出来事としてあっさり語られたり、曖昧な仄めかしの後いつの間にか既成事実として扱われたり、という有様である。

 探偵役ミセス・ブラッドリーの推理もまた緩急自在。けっして少なくはない曖昧な手がかりを直感で解釈する手法は、材料から真相を導くというより、材料から一編の物語を創造するようなもので。どうしてそんな結論が? という飛躍も見せるし、時にはあえて嘘の解釈を披露して読者と警察とを煙に巻いたりするから始末が悪い。読者が推理で先んじることはたぶん無理で、結末に至って提示された最終的な解釈を、ただ拝受するしかない。

 かといってつまらないわけではない。不思議な展開を作者の持ち味として受け入れてしまえば、その奇妙さはなかなかの珍味である。ここでこうずらすか、という驚きがある。そしてもうひとつページをめくらせる原動力として、ミセス・ブラッドリーの奇矯さや、オーブリーやフェリシティといった若者の活き活きとした描写も魅力的である。

 グラディス・ミッチェルはもっと訳して欲しい。訳者あとがきには、面白そうな未訳作品がいくつか紹介されている。手元には三冊の既訳本が積ん読になっているから、先々楽しみである。

七之助捕物帖

●書店に寄って本を買う。
『不条理な殺人』 P・マガー 創元推理文庫
『方壺園』 陳舜臣 ちくま文庫

三省堂オンデマンドに注文していた本が届いた。
七之助捕物帖 第一巻』 納言恭平 捕物出版
捕物出版というのは、対象を捕物小説に特化し刊行形態をオンデマンド出版に限定した、個人経営の出版社だそうで。こういう意欲的な取り組みは応援したい。

『風間光枝探偵日記』 論創社

●『風間光枝探偵日記』 木々高太郎海野十三大下宇陀児 論創社 読了。

 表題シリーズは三人の作家の持ち回りで書かれているから、作風が統一されておらずとっ散らかっている。分量はどれも二十ページほどで、展開があっけなく結末はそっけなく、まるで梗概を読んでいるようだ。あまりのことにこの一冊を通読する気にならず、シリーズ全九編を読んだ段階で中断した。そんななか、木々高太郎の「離魂の妻」と「金冠文字」とは、謎の設定がちょっと面白い。海野十三「什器破壊業事件」は、とぼけたユーモアが読み所。海野十三が担当した三編は、実は帆村荘六ものでもある。

 さて、一週間ほどインターバルを置いて後半を読む。
海野十三が単独で手掛けた、科学捕物帳と銘打たれた風間三千子シリーズは、馬鹿馬鹿しくてとぼけた味わいがあってなかなか面白く読めた。ただし、時局臭濃厚な最終第四話を除く。この四編は帆村壮六ものでもある。

 これも海野十三作の、戦後に書かれた蜂矢風子探偵簿のシリーズは、そのうちの二編があまりに他愛ない。最終第三話は、どうもこれは評価不能。この三編は、ただ読んだだけであった。

『死は我が隣人』 C・デクスター ハヤカワ文庫

●『死は我が隣人』 C・デクスター ハヤカワ文庫 読了。

 五百ページ以上あるそこそこ大部の作品だが、さほど長さを感じず中だるみもせずに、面白く読めた。要因はいくつかある。最大のポイントは、訳文が性に合っていたこと。途中でひっかからずすいすいと読めた。こういうのは気持ちいい。相性の悪い文章だと、同じ個所を何度も読み直さないと文意が頭に入ってこなかったりする。

 もう一つの要因は、事件そのものが起伏に富んでいること。始まりは、一見地味で平凡な射殺事件である。だが捜査が進むにしたがって、当初の見込みとは全く異なる可能性が浮上し、関連する事件が起き、様々な可能性が派生してゆく。

 その変転の面白さは、地道な警察捜査小説とは一味違う。やはりモースのキャラクターに負うところが大きい。中盤である仮説を思い付き、そうだ!そうだ! と心中で叫ぶモース。そんな姿を読むと、いったいどんな捻りが展開されるのかとわくわくする。もっとも、読了してみると真相にはさほど感銘を受けなかったけれども。

 仮説を構築する以外のモースの造形も、ルイスとの掛け合いを含めて相変わらず面白い。さらにに今回は、モースの老いと病気とが描かれており、何やら身につまされるものがある。

『サム・ホーソーンの事件簿VI』 E・D・ホック 創元推理文庫

●『サム・ホーソーンの事件簿VI』 E・D・ホック 創元推理文庫 読了。

 収録のどの作品も伏線沢山だし解決はロジカルだし、このシリーズは本当に安心安定の面白さである。気に入った作品はたとえば、犯人の行動の理由が面白い「旅人の話の謎」、事件の絵柄が強烈な「中断された降霊会の謎」、犯行が成立する理由が面白い「黒修道院の謎」、といったところ。

 特に秀逸だったのが、「巨大ノスリの謎」と「羊飼いの指輪の謎」の二作品であった。魅力的な謎、真相の面白さ、散りばめられた手掛かり、と三拍子揃っている。前者ではただ一点、(伏字)だったことがちと残念だけれども。後者ではオチもずばり決まっている。

 これで、シリーズ全六巻を読み終えた。来年からはサイモン・アークシリーズを読み始める。

名探偵ルパン

●書店に寄って本を買う。
『川野京輔探偵小説選II』 論創社
『十三の謎と十三人の被告』 G・シムノン 論創社
『名探偵ルパン』 M・ルブラン 論創社

●今読んでいる本が、どうもつまらない。中断して、明日からは別の本を読むことにする。

●今あるプリンターはもう八年近くも使っており、まともに印刷できなくなっている。さっさと買い替えねばならないのだが、買う手間が面倒くさくて先延ばしにしていた。ところが最近とうとうインクが切れたので、ようやく重い腰を上げた。なにしろ型落ちの機種なので、対応するインクカートリッジすら売っていないのである。

 で、新しいプリンターが届いたはいいが、セットアップがこれまた面倒くさい。実際に印刷できるようになるのはいつか、それは自分自身のやる気次第。

『エドワード・D・ホックのシャーロック・ホームズ・ストーリーズ』 E・D・ホック 原書房

●『エドワード・D・ホックのシャーロック・ホームズ・ストーリーズ』 E・D・ホック 原書房 読了。

 短編の名手ホックの才気がみなぎる好作品集である。聖典がらみの小ネタと史実に関連するくすぐりとが散りばめられているし、きっちり伏線を仕込んでロジカルな解決に導いているのが、読んでいて楽しい。ただ、小ネタやロジック志向があるからこそ、聖典とはちと違う味わいになっている訳で。

 ポイントは、読者としてどの辺りに力点を置くかである。私はシャーロキアンではないので、少しばかりの違和感はどうでもいい。まず読んで面白ければオッケーである。そういった意味で収録作中のベストは、「サーカス美女ヴィットーリアの事件」であった。大量の伏線とトリッキーな真相が嬉しい。

●この日記をアップしてから出かける。今日は浅草の昭和モダンカフヱ&バー「西浅草黒猫亭」にて、横溝正史「黒猫亭事件」の朗読会が開催されるのである。

被害者を捜せ!

●お願いしていた本が届いた。
『被害者を捜せ!』 P・マガー 創元推理文庫
先日の日記に書いた誤発送があって宙ぶらりんだったのが、ようやくこれで創元推理文庫のパット・マガーが揃った。やれやれ。

●角川横溝文庫のダブりをブックオフで拾うのを別にすれば、古本を買うのは今年三冊目である。かつてあれほど夢中になった古本も、いやはや、すっかり縁遠くなってしまったものよ。

『延原謙探偵小説選』 論創社

●『延原謙探偵小説選』 論創社 読了。

 全般的に、小粒で素朴。巻末解題では、作者は翻訳が本業であって創作は余技的スタンスであることが示唆されている。なるほどそれも頷ける。

「銀の小函」は真相の捻りが面白いし、手がかりに基づく推理の要素もあるしで、ちょっとした好編。「心霊写真」は語り手がまず第一に気付くはずの、(伏字)なんていう重要事項が書かれていないのが困りもの。シンプルな真相には、なるほど、と膝を打ったけれども。

「悪運を背負ふ男」は終盤に提示される仮説がきちんと構築されていて、好感が持てる。それはそうと、全体の展開はなんだこりゃ。「ものいふ死体」は国際スパイもので、収録作中では目先が変わっている点が面白く読めた。

 ベストは倒叙もの「腐屍」で、ふたつの事件が奇妙に絡まったおかげで、犯人が次第に追い詰められてゆくサスペンスがなかなか読ませる。

 ところで、ボーナス・トラックのホームズパスティシュ「求むる男」や評論・随筆篇を読んでいると、久しぶりにホームズ本を読みたくなった。明日から読む本は、積ん読のホームズパスティシュから手頃なのを選ぶことにする。