累風庵閑日録

本と日常の徒然

『わが職業は死』 P・D・ジェイムズ ハヤカワ文庫

●『わが職業は死』 P・D・ジェイムズ ハヤカワ文庫 読了。

 登場人物に対しても周囲の情景に対しても、執拗な描写が積み重ねられる。根気も集中力も長続きしなくなっている今、みっしりと書き込まれた五百ページは、しんどい。読了するのに四日もかかってしまった。せめてもう少し簡素であってくれたら、というのは禁句だけれども。簡素なP・D・ジェイムズなんてP・D・ジェイムズではない。

 確かにしんどいけれども、面白い。様々な人の様々な想いが胸に迫るし、最終的には全てが収まるところに収まって、ミステリの気持ちよを味わえる。意外性の演出はさほどでもないが、作者の志向がそっちに方面に無いのだろう。帯で密室殺人を強調しているのは、早川書房さん営業戦略をがんばりましたね、と思う。

(伏字)た段階で、ダルグリッシュ警視長も部下のマシンガム警部も、犯人が分かったとおっしゃる。形を変えた読者への挑戦なのだろう。私は分からなかった。そして読了しても、なぜその段階で犯人が分かったのか、分からなかった。

 それにしても、P・D・ジェイムズはしんどい。その作品には、ポケミスで訳されたきり文庫になっていないものもある。今後もしそういった作品が文庫化されても、もういい。もう手を出さない。面白いことは間違いなく面白いはずだが、しんどい。本書で手持ちの作品を全て読み終えて、これで私にとってはP・D・ジェイムズ打ち止めとする。

●午後に少し時間があったので、先頃復刊された角川文庫の横溝正史『血蝙蝠』から、今度ドラマ化されるという「銀色の舞踏靴」を読んだ。ちょっとした趣向が用意されているし、犯人の不気味さもクライマックスのサスペンスもあって、なるほどこれはドラマ化に向きそう。

 舞踏靴を釵に置き換えればほぼそのまま人形佐七ものに改変できそうな骨格をしている。と思ったら、どうやら実在する佐七作品「(伏字)」の再利用のようで。

「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクト第二回

●「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクトの第二回をやる。今回は第一巻の収録作から「四人の署名」を読む。訳者は延原謙である。前回読んだのは十二年前。この作品は読む度にだんだん好きになってくる。

 コンパクトな中に怪奇冒険スリラーの要素が詰め込まれている。笑う死体、屋根裏部屋の子供の足跡、なんてお膳立てが秀逸。他にも、隠されたインドの財宝、暗躍する怪人、水上での追跡劇、そして異国の地での命がけの冒険ってなもんで。途中で犬のトビイがやらかす"外し"のエピソードが微笑ましい。ワトソンのモースタン嬢に対するメロメロっぷりも楽しい。

ひとまず中断

●別冊幻影城日影丈吉の巻から、「真赤な子犬」を読んだ。徳間文庫で復刊された時に、いいタイミングだから読もうと思ったのだが、実行しないままあっという間に二年が経ってしまった。ここでひとまず中断し、他の収録作は来月に回す。感想を書くのは通読してから。

『死への旅』 A・クリスティー クリスティー文庫

●『死への旅』 A・クリスティー クリスティー文庫 読了。

 巻末解説には、おだやかなスパイ冒険小説とある。全くその通りで、ずいぶんと平板なスパイスリラー。と言いたいところだが、スリラーと名乗れるようなスリルの要素はほとんどない。あまりネガティブなことを書いてもしょうがないけれども、書かないと他に書くことがない。

 一応は意外さも用意されている。だがその意外さの性質は(以下、ネガティブな内容なので非公開)。

 本書クリスティー文庫の刊行は十六年前。原書刊行の約五十年後である。これがもしクリスティーではなくて、誰か有名ではない作家の作品だったら、異国の地で五十年も生き残っていただろうか、と思ってしまう。

●書店に出かけて本を買う。
『血蝙蝠』 横溝正史 角川文庫
 六月から、由利先生シリーズのドラマが放送されるという。それに対応して、数か月前から角川文庫の由利先生ものが復刊されている。シリーズ作品はすでに柏書房で読める態勢なので手を出すつもりはなかったが、この本は例外である。正直なところ、一連の復刊本のなかで最も売れなさそうだと予想している。こういうのは買っておかないといけない。

『少年ミステリー倶楽部』 ミステリー文学資料館編 光文社文庫

●『少年ミステリー倶楽部』 ミステリー文学資料館編 光文社文庫 読了。

 個人的な事情もあって、森村誠一「魔少年」が収録作中のベスト。何年も昔、テレビドラマになったやつを観た。その時のぼんやりと曖昧な記憶を前提に読み進めていったら、真相は思っていたのとは違っていた。間違った記憶のおかげで、予備知識ゼロの状態で読むよりも、意外さをより強く感じられたと思う。

 収録作にはどうも、陰惨なものや人情噺に流れた作品が多いようだ。その手のタイプは好みではないが、南絛範夫「誰かが―父を」と大下宇陀児「凧」とは読後感がヘヴィーで、少なくとも記憶には残る。

 シチュエーション・コメディの秀作、福永武彦「サンタクロースの贈物」や、事件は悲惨だが読後感の明るい二木悦子「誘拐者たち」といった作品の方が、後味が良くて好ましい。

●取り寄せを依頼していた本が書店に届いたというので、受け取ってきた。
『幻の探偵作家を求めて 完全版 下』 日下三蔵編 論創社

●お願いしていた本が届いた。
シャーロック・ホームズ研究1』 平山雄一 ヒラヤマ探偵文庫sh

『北町一郎探偵小説選II』 論創社

●『北町一郎探偵小説選II』 論創社 読了。

 冒頭四編の防諜小説は、私の好みから遠く遠く隔たっている。ただ読んだだけ、というより、目が活字の上を滑っていっただけである。作品から何か読み取るべき要素もあるかと思うが、そういうのは研究家や評論家にお任せする。

 連作「東京探偵局」全六話も、戦前の防諜小説である。乱暴に言ってしまえばストーリーは全部同じ。要約すれば大半の作品が、がいじんすぱいのわるだくみをふせいでこらしめてやりました、である。一般のミステリと違って、犯人設定や動機やなんかのバリエーションがほとんど無い。第六話「街の警視総監」のある登場人物の台詞からすると、作者自身その辺りの状況には自覚的であったようだ。

 主人公の探偵局長樽見樽平の造形および全体の展開に漂う、ユーモラスな味わいが読み所のひとつらしい。だが、そのユーモアたるやどうにも素朴なもので。なんと、ある場面ではバナナの皮で滑って転ぶのである。毒も脂気も抜けた、可笑しさという記号を並べているようなものだ。ただ、このシリーズにおいてユーモアは重要な要素なので。おかげで冒頭の四編と比べるとはるかに軽快で、辟易せずに読み進めることができた。

 探偵局には八百名の局員がいて、東京各地で様々な身分で活動しているという。公私に渡るいくつもの機関とつながりがあるらしい。事務所は特殊な装備で満載である。となると、頭数も人脈も秘密兵器も思いのまま。要するに、あらかじめ作者からオールマイティの属性を与えられている訳だ。何でもできるのだから、事件はさほど紆余曲折を経ずに解決してしまう。しかも上記のように真相は全部同じ。

 シリーズ中で例外的に面白かったのが第四話「療養院の秘密」で。珍しく、主人公が手がかりに基づいた推理を披露している。敵の悪だくみの内容もちょっと意外で、面白い。

 その他の収録作では、北野三郎シリーズの三編、「消えた花嫁」、「五月祭前夜」、「狸と狐」が比較的読める。事件は他愛ないものだが、ともかくも推理の要素がある。もうそれだけで佳作に思えてくる。なにしろ他の収録作があまりに素朴なので。

知りすぎた男

●久しぶりに、少々大きめの書店を覗いた。周囲に膨大な本がある空間は、やはり沁みる。そこで買った本。
『知りすぎた男』 G・K・チェスタトン 創元推理文庫
 すでに論創海外で読んでいる作品だが、別の訳でも読んでみたくなった。それはそうと、個人的に最も新訳を出して欲しいチェスタトン作品は「マンアライヴ」なんだけれども。

●久しぶりに、ブックオフを覗いた。百円コーナーに角川文庫横溝正史緑三〇四が、ざっと見て三十~四十冊並んでいたので、目ぼしいものを九冊拾ってきた。もしかしてここしばらくは、入荷は有れど買い手はおらず、という状況だったのかもしれない。

●お願いしていた本が届いた。
『『新青年』趣味XX』 『新青年』研究会

『シャーロック伯父さん』 H・ペンティコースト 論創社

●『シャーロック伯父さん』 H・ペンティコースト 論創社 読了。

 主人公の少年ジョーイ・トリンブルと探偵役のジョージ・クラウダ―伯父さんとが、数々の事件に遭遇する。こういう人物配置とジョージ伯父さんの造形とが、ポーストのアブナー伯父を連想させる。作者はどの程度意識していたのだろうか。

 ジョージ伯父さんは、法の正義を唯々信じるあまりにも真っ当な人物。威厳があって街の人々からは一目置かれている。狩と銃の名手で、街の周囲に広がる森のことは誰よりもよく知っている。そればかりか、森の様々な痕跡を「読んで」、そこで何が行われたかを知ることができる。

 ジョーイ少年はジュブナイルによくあるスーパー少年探偵ではなく、犯人に追いかけられて脅えて泣き出すような、ごく普通の少年である。事件を解決するのはあくまでもジョージ伯父さんなのだ。

 表題作「シャーロック伯父さん」と「ヘクターは本気」とは、どうかすると推理クイズになりそうな極めてシンプルなネタだが、複数のシリーズキャラクターが登場するおかげで物語として成立している。そしてこのシンプルさは私好み。

「どこからともなく」は、伏線がお見事。読者が事前に気付けるものではないけれども。

「カーブの殺人」は、あまりにも他愛ないネタによる一区切りの(伏字)がちょいと深い。

 収録作中のベストは中編「我々が殺す番」で、秀逸なマンハントサスペンス。殺人の現場を目撃してしまったジョーイ。それと知った犯人グループは、ちらりと姿が見えただけで逃げられてしまった少年の素性を突き留めて口を塞ごうと、暗躍を始める。ジョーイの急報を受けて、ジョージ伯父と保安官とは犯人グループの正体を暴こうと活動を始める。果たしてどちらの狩が獲物を仕留めるのか。

 野外を舞台にしたアクション小説の片鱗もあるし、扱われているのはヘヴィーなテーマだし、ちょっとこれは、作品の密度が並みではない。

 最後に余談だが、巻末解説の文章は、これはもしかして推敲してないのか?

『千葉淳平探偵小説選』 論創社

●『千葉淳平探偵小説選』 論創社 読了。

 面白い。収録作の味わいの、バラエティに富んでいること驚くばかりである。オーソドックスな本格ミステリ、艶笑譚風ミステリ、通俗ハードボイルド風、いわゆる「足の探偵」の堅実な作風、犯罪サスペンス、素朴ではあるがアリバイトリックネタ、といった作品が連なる。

 それぞれの作品にいくつものアイデアが詰め込まれているばかりか、それらのアイデアがきちんと活かされていることに感心する。マニアさんが情熱だけで書いた作品では、アイデアを盛り込み過ぎて処理能力が追い付かず、グダグダになってしまう例がちょいちょい見受けられるというのに。さらに、ちょっとした捻りまでも用意されている。

 前半の十一編は、概ね全ての作品が面白かった。個別の作品に対するコメントは省略。後半は十ページ程のシリーズもの六編と、ショートショート六編。この、シリーズものがこれまた面白い。主人公沢村友三の造形がなんとも呑気でお気楽で、若さま侍を連想する。内容は軽くてユーモラス。他愛ないものもあるがミステリネタもきちんと仕込まれている。

殺人者は一族の中に

●注文していた本が届いた。
『殺人者は一族の中に』 D・エームズ 風詠社

 実は、ふたつのネットショップに一冊ずつ注文していた。どちらの店も、在庫がなくて出版社からの取り寄せ扱いである。最初の店は、一定期間のうちに入荷されない場合は注文がキャンセルされるという。そんな不穏な文言を目にして入手できるかどうか心配になったので、保険の意味で別の店にも注文を出しておいた。それからいろいろあった顛末は全て省略して、結局一冊入手できたので良しとする。