累風庵閑日録

本と日常の徒然

『新 顎十郎捕物帳2』 都筑道夫 講談社文庫

●『新 顎十郎捕物帳2』 都筑道夫 講談社文庫 読了。

 ちと癖のある文章が、なぜかこちとら性に合い、季節感あふれる情景の、描写がいちいち面白く、言ってはならぬ顎十郎、言ってしまえば際立つ剣技、出くわす事件のその肝は、奇怪不可解不可能興味、解決部分の作劇法は、相も変らぬ都筑調、読者が先に真相に、到達できるはずもなし、だからといって否定は野暮、そういうものだと受け入れればよろしい。

 気に入ったのは以下の作品。
「三味線堀」
 あけっぴろげの橋の上で、落雷に驚いてうずくまった男。他人が近づいた時にはすでに刺殺されていた。一番初めに駆け付けた人物がとっさに刺したのでないとすれば、はたして下手人は。

「貧乏神」
 他人が出入りできぬ座敷牢の奥で殺されていた男。そう落とすか、という結末も記憶に残る。
さみだれ坊主」
 路地に逃げ込んで失踪した盗賊。ほほう、と思える犯人設定も良い。
「閻魔堂橋」
 キーとなる言葉の解釈に、ちょっと感心した。

『狩久探偵小説選』 論創社

●『狩久探偵小説選』 論創社 読了。

 本書は、作者の作風のふたつの側面のうち、ロジック志向に焦点を当てて編まれたそうな。それは私の好みとも合って望ましいのだが、前半はどうも低調であった。あまりにもいろんなものをかっ飛ばしており、満足度が低い。具体的なことは、個別の作品の真相にかかわるのでここには書けないけれども。

 ありがたいことに、後半になるとだんだん面白くなってきた。船上ミステリ「佐渡冗話」が、収録作中のベスト。読んでいてちっとも気付かなかった伏線がお見事である。結末に至ってページを後戻りしてみれば、確かにはっきり書かれてあった。この作品一編だけで、この本一冊を読んでよかったと思える。

「氷山」はメインのネタはちょっとアレだけれども、構成の妙が気に入った。「すとりっぷと・まい・しん」は殺人手段の発想が面白いし、結末も気が利いている。その他気に入った作品を題名だけ挙げておくと、「恋囚」、「訣別」、「共犯者」といったあたり。

人買船

●お願いしていた本が届いた。
『人買船』 泉斜汀 東都我刊我書房
泉鏡花の弟の、探偵小説選だそうで。まったく、大変なものを出してくれる。価格も大変だけれども。

●税務署から、所得税の還付金が振り込まれた。六桁に達する結構な額だが、決して裕福になったわけではない。何度も書いているが、払い過ぎた税金が戻ってきたのだから、マイナスがゼロになっただけである。

「廃園の鬼」朗読会

●朗読会に行ってきた。「ミステリー専門劇団回路R」さんによる、横溝正史「廃園の鬼」の朗読である。当然のことだが、読むのと聴くのとでは全然違う。修練を積んだ者が出す声の、迫力がさすがである。

●帰宅途中に、書店に寄って本を買う。
『髑髏城』 J・D・カー 創元推理文庫
 新訳版である。旧訳は多少の省略があり、新訳こそが完訳だというので買ってみた。旧訳を読了済みだが、久しぶりに再読するのも悪くなかろう。この情報はツイッターで得た。こういう「発見」がある度に、ツイッターは重要な情報源であるとつくづく思う。

●注文していた本が届いた。
『謎解きのスケッチ』 D・ボワーズ 風詠社
 五年ほど前に、論創海外で『命取りの追伸』が出た作家である。ドロシー・セイヤーズの後継者と称賛されていたそうな。この本の刊行は、ツイッターのおかげで知った。こういう「発見」がある度に、ツイッターは重要な情報源であるとつくづく思う。

●ようやく、買い換えたパソコンのセットアップを終えた。やれやれ。この日記は新パソコンで書いている。残る作業は旧パソコンのデータ抹消と廃棄手続きである。万が一移行忘れがあるといけないので、データ抹消はしばらく経ってからにする。

『サウサンプトンの殺人』 F・W・クロフツ 創元推理文庫

●『サウサンプトンの殺人』 F・W・クロフツ 創元推理文庫 読了。

 味わいはいつものクロフツだが、今回は割と工学趣味、技術趣味が濃厚であった。簡単なものではあるが、数学の計算まで出てくる。そして内容はかなり上出来。正直なところ、発端の事件はちと魅力に乏しかった。だがその後の展開はクロフツにしては起伏が大きく、全体として十分に満足できた。倒叙ミステリとして始まり、意外な展開に移行し、意外な真相にたどり着く。その意外さの質もちょいと曲者で、(伏字)なのである。こういう仕掛けも高評価のポイント。

 第二部の冒頭では、主席警部に昇進したフレンチが、責任も仕事も増えてスコットランド・ヤードに縛り付けられている。そんなときサウサンプトンの警察から応援依頼が。久しぶりの地方出張に解放感を味わい、田舎の風景や海を見ることができると密かに喜ぶフレンチ。この辺りの人間臭さも、クロフツ作品の魅力である。

●午前中にクロフツを読み終えた。昼からジム。帰宅してから、横溝正史の短編「廃園の鬼」を読む。そのココロはこうだ。

 明日、都内某所で開催される朗読会を聴きに行く。その題材が「廃園の鬼」である。作品は何度か読んで、ぼんやりと覚えている。このままの状態で朗読会に臨むべきか。それとも予習として再読しておくか。

 事前情報によると、専用の脚本を用いず原作をそのまま読むという。映画や舞台のように独自の演出が施されているならば、内容そのものも味わいたいところだが、今回は違う。再読して内容も真相も記憶を新たにしておいた方が、語りの演技の鑑賞に専念できるだろう。と判断した。

●「廃園の鬼」の再読にはもうひとつ目的がある。聞くところによると、角川文庫版と初出版とでテキストがちょっと違うというのだ。その実態を、自分の目で確認してみたい。初出のコピーは入手済みである。

 結果として、中盤までは多少の語句の変更と、文庫の方に欠落が一か所あった。終盤になると、文庫の方で文章がかなり追加され、記述が細かくなっている。駆け足だった初出に対して以降の版でいろいろ追加するというのは、横溝作品としてはよくあることである。

●この日記をアップしてから、電車に乗って街に出る。関西方面からこちらにいらしている某氏をお出迎えして、小ぢんまりとしたお茶会をやるのだ。

スペクトルD線

●お願いしていた本が届いた。
『海魔団』 D・ハメット 湘南探偵倶楽部
『スペクトルD線』 木々高太郎 湘南探偵倶楽部

今回はコミックとジュブナイルという、ちょっとばかり変則的なラインナップである。

『謎のギャラリー -こわい部屋-』 北村薫編 新潮文庫

●『謎のギャラリー -こわい部屋-』 北村薫編 新潮文庫 読了。

 粒揃いの傑作アンソロジーであった。素晴らしい。気に入った作品を挙げようとすると、収録作をほとんどすべて並べることになってしまう。それでは長くなるので、あえて一作だけ、クレイグ・ライスの「煙の環」を挙げておく。あまりにもスットンキョーな結末で、絵柄を思い浮かべて笑ってしまった。

『絶版殺人事件』 P・ヴェリー 論創社

●『絶版殺人事件』 P・ヴェリー 論創社 読了。

 伏線となるべき描写にも、読者に対する情報提示の手法にも、ちょいちょい心細い部分がある。だが、それらをもって欠点とするのは、評価軸が違ってそう。どうもこの作家殿、細かいことを気にしないらしい。それどころか、ストレートな本格ミステリを志向していたのかどうかすらあやふやになる。この原題でこの内容この展開になるとは、どこかバランスの歪みがうかがえる作品である。

 つまらないわけではない。「見えない殺人者」だなんて、なんと魅力的ではないか。他にも、散りばめられたアイデアには光るものが多い。探偵役トランキルの造形はいかにもそれらしい。彼に捜査の主導権を奪われて嫉妬するビッグス警部は、とあるエピソードのおかげで助演男優賞ものである。以上のような美点があるし、全体として犯人捜しミステリの雰囲気は十分味わえたしで、まあ満足。

『呼びとめる女』 鮎川哲也 角川文庫

●『呼びとめる女』 鮎川哲也 角川文庫 読了。

 「鮎川哲也名作選」の第十巻である。安心安定の鮎川印。シンプルな手がかりでズバリと決まる結末は、読んでいて気持ちがいい。

 収録作中のベストは表題作「呼びとめる女」で、切れ味とオチの付け方とがお見事だし、題名も効いている。「月形半平の死」は、巻末解説によるとどうやらクイズ企画だったようだが、ミステリクイズにありがちな薄っぺらさは感じなかった。この作品も決め手が秀逸。

「霧の夜」で使われている(伏字)ネタはどこかで読んだような気がした。それもそのはず、この作品は後に長編化されて「鍵穴のない扉」になったそうな。機会があればそっちを再読してみたい。「牝の罠」の犯人設定はいただけない、と瞬間的に思ったのだが、ゆっくり考えてみるとだんだん秀作に思えてきた。犯人を絞り込む過程が、なんとなくコリン・デクスターを連想する。

『呪のデュマ倶楽部』 A・P・レベルテ 集英社

●『呪のデュマ倶楽部』 A・P・レベルテ 集英社 読了。

 稀覯本テーマのミステリである。題材となっている本が凄い。そもそもの原本は、人類が文字を使い始めるはるか以前に悪魔によって書かれた魔書で、それを基に十七世紀に作られたのが、作中で扱われている『影の王国への九つの扉』だそうな。なんという風呂敷の拡げっぷりか。

 しかも、その本に載っているとされる版画が、実際に図版として本書に挿入されている。しかもしかも、その版画は単なるにぎやかしではなくて、ストーリーに密接に結びついているときたもんだ。こういう外連味がなんとも楽しい。

 ただ、保留事項が一点。こいつは手強い。ほとんど改行の無い晦渋な文章でもって、大量の枝葉を伴って語られる物語を読み進めてゆくのは、なかなかにしんどい。本来ならば存分に時間をかけて、枝葉も含めた全体を味読しつつゆっくりとページをめくってゆくのが望ましいアプローチであろう。こちとら生来のせっかちで、そんなまどろっこしいことやってられないけれども。そして結局、たどり着いた結末は私の理解を超えるものであった。なんだこりゃ。