累風庵閑日録

本と日常の徒然

『奇想の森』 鮎川哲也/島田荘司編 立風書房

●『奇想の森』 鮎川哲也/島田荘司編 立風書房 読了。 日本ミステリの精選集だという全五巻のアンソロジー「ミステリーの愉しみ」の、第一巻である。なるほど収録作は粒揃いである。粒揃いとは、過去のアンソロジーにも収録された名作が多いってことで。それ…

『シャーロック・ホームズを訪ねたカール・マルクス』 A・ルカーユ 中央公論社

●『シャーロック・ホームズを訪ねたカール・マルクス』 A・ルカーユ 中央公論社 読了。 若き日のホームズが、マルクスの命を狙う暗殺者を阻止するためにパリに潜入する。年代設定は千九七一年で、研究家諸氏の説によれば「グロリア・スコット」よりも前らし…

『魔術師を探せ!』 R・ギャレット ハヤカワ文庫

●『魔術師を探せ!』 R・ギャレット ハヤカワ文庫 読了。 ダーシー卿ものの中編集である。このシリーズは、魔法関連の設定がひとつの読みどころ。魔法が万能だとつまらないので、ミステリとして成立するよう様々な制約を設けている。その辺りの理論の遊びが…

『ビッグ4』 A・クリスティー クリスティー文庫

●『ビッグ4』 A・クリスティー クリスティー文庫 読了。 ぼんやりと世評は知っていたので、期待値低めで手に取った。あらかじめそういう態度で臨んでも、こいつはちと厳しい。謎の中国人を首領に戴き、世界征服を目論む悪の秘密結社。様々な人物に完全に変…

『ピーター卿の遺体検分記』 D・L・セイヤーズ 論創社

●『ピーター卿の遺体検分記』 D・L・セイヤーズ 論創社 読了。 真相や推理の過程に対する興味よりも、物語世界の魅力で読み進めた。ピーター卿が事件を解決することに違いはないのだが、依頼された事件を名探偵が名推理で解決、といった態の作品ではない。…

『怪人と少年探偵』 江戸川乱歩 光文社文庫

●『怪人と少年探偵』 江戸川乱歩 光文社文庫 読了。 去年のうちから細切れに読んでいたものを、ようやく読み終えた。今日まで残っていたのが「超人二コラ」である。「猟奇の果」を下敷きにしたおかげか、ちょっとした不気味さが漂っていて悪くない。すくなく…

『正義の四人/ロンドン大包囲網』 E・ウォーレス

●『正義の四人/ロンドン大包囲網』 E・ウォーレス 長崎出版 読了。 信念に基づき大臣暗殺を目論む四人組。果たしてその計画は成功するのか。面白いというより、感心しながら読んだ。上手い。全く上手い。中だるみすることなく、四人組の前にきちんきちんと…

『霜月信二郎探偵小説選』 論創社

●一夜明ければ新玉の春でございます。本年もよろしくお願い申しあげます。 ●ホテルを八時にチェックアウトして、駅前のドトールでモーニングを喰って本を読む。 ●『霜月信二郎探偵小説選』 論創社 読了。 デビュー作「炎の結晶」が材料を詰め込みすぎて処理…

『犬神家の一族 4Kデジタル修復版』

●独り部屋にこもって年を越すのが嫌だったので、ちょいと出かけることにする。独りビジネスホテルにこもって年を越すのである。 という取り組みを今まで何年もやってきたのだが、去年はあの伝染病のせいでやむを得ず自宅にこもった。今年は今のところウイル…

年内最後

●『文藝別冊 岡本綺堂』 KAWADE夢ムック 読了。 半七捕物帳の原型版だの戯曲版だのが貴重。それとは別に、収録されている怪談がしみじみと不気味。 ●定期でお願いしている本が届いた。『霜月信二郎探偵小説選』 論創社『ピーター卿の遺体検分記』 D・…

『魔の配剤』 O・クック ソノラマ文庫

●『魔の配剤』 O・クック ソノラマ文庫 読了。 巻末解説によると、ハーバート・ヴァン・サールが編纂した二十二編収録の怪奇小説アンソロジーから十二編を選んだものだそうで。ついでに、序文では「拷問にまつわる話、常軌を逸するサディズムの話、残酷きわ…

『日本の歴史をよみなおす(全)』 網野善彦 ちくま学芸文庫

●『日本の歴史をよみなおす(全)』 網野善彦 ちくま学芸文庫 読了。 日本に関する新鮮な観方を教えてくれるエキサイティングな本であった。とうてい要約することはできないので、いくつかの章を例として挙げておく。 第三章「畏怖と差別」では、国宝の絵巻…

『ミステリアス・クリスマス』 パロル舎

●『ミステリアス・クリスマス』 パロル舎 読了。 題名の通り、クリスマステーマの怪奇小説アンソロジーである。もう何年も前から、この季節になると読もう読もうと思いながら幾星霜。今年になってようやく読めた。 気に入った作品は以下のようなところ。民話…

『銀座ミステリー傑作選』 三好徹他 河出文庫

●『銀座ミステリー傑作選』 三好徹他 河出文庫 読了。 テーマアンソロジーは、どうかすると似たような味の作品ばかりになってしまう。本書のくくりは「銀座」という緩いものなので、多様な作品を飽きずに楽しめた。 気に入った作品はこんなところ。語り口が…

「妖星人R」

●光文社文庫の江戸川乱歩『怪人と少年探偵』を、年明けくらいまでかけて細切れに読んでいくことにする。今日は「妖星人R」を読んだ。 シリーズのこれまでの作品では、怪現象はひとつひとつ理論で説明されていた。それがときには机上の空論めいた理論である…

『新・餓狼伝 巻之五』 夢枕獏 フタバノベルス

●『新・餓狼伝 巻之五』 夢枕獏 フタバノベルス 読了。 積ん読だった巻之三から巻之五まで、二日間で一気読み。出てくる格闘家達が人間離れした超人なので、どうかすると読んでいて白々しくなりそうなところ、このシリーズはこっちが醒める間もなく大変な熱…

『青の殺人』 E・クイーン 原書房

●『青の殺人』 E・クイーン 原書房 読了。 巻末解説によると、実際の作者はE・D・ホックだそうで。さすが才人ホック、なんともそつなく私立探偵小説風の味わいに仕立てている。こういうタイプのミステリは久しぶりなので、もうそれだけで新鮮で嬉しい。典…

「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクト第二十回

●「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクトの第二十回として、引き続き第四巻を読んでゆく。今回は、中編「コロスコ號の悲劇」を読む。 ナイル川観光船「コロスコ號」が、回教徒に襲撃された。捕虜になった観光客一行は炎熱の砂漠のなかを、何処へとも…

『マイアミ沖殺人事件』 D・ホイートリー 中央公論社

●『マイアミ沖殺人事件』 D・ホイートリー 中央公論社 読了。 新刊当時、喜んで買ってすぐに読んだ。読了後は、こんな手がかりで分かるわけないだろ、と釈然としない思いが残ったものだ。それが今になってなぜ再読か。ながらく積ん読だった全四巻の捜査ファ…

『暴徒裁判』 C・ライス ポケミス

●『暴徒裁判』 C・ライス ポケミス 読了。 展開の速さと広がりとがただ事ではない。題名にあるように暴徒が関わってきてマローン一行に危機が迫るのだが、緊迫感よりも物語を転がすスピード感が優先されているようだ。 造形が際立っているキャラクターが多…

『納骨堂の多すぎた死体』 E・ピーターズ 原書房

●『納骨堂の多すぎた死体』 E・ピーターズ 原書房 読了。 題名の通り、納骨堂で発見された死体を巡るミステリである。だが、作者の力点は事件と同程度に、思春期の少年の揺れ動く心情と親子の絆とにも注がれているようだ。申し訳ないがそういうのは求めてい…

『子供たちの探偵簿3 夜の巻』 仁木悦子 出版芸術社

●『子供たちの探偵簿3 夜の巻』 仁木悦子 出版芸術社 読了。 長編「灯らない窓」は、大人と子供とがそれぞれ事件に取り組む様子が交互に綴られる。片方しか知らない情報もあれば、両方同じ対象を観ているのに視点が異なる情報もある。ふたつのアプローチが…

今月の総括

●今月の総括。買った本:十一冊読んだ本:十一冊 文フリがあると当然のように購入数は増えてしまう。

「怪の物」

●学研M文庫の『ゴシック名訳集成 西洋伝奇物語』を手に取った。五百ページのこの本を一気に通読するのはしんどいので、来年にかけて細切れで読んでいこうと思う。 まずはエドモンド・ドウニイ「怪の物」を読む。あやしのもの、と振り仮名がしてある。要する…

偏愛横溝短編を語ろう

●ツイッターのスペース機能を使って、「偏愛横溝短編を語ろう」という企画を不定期に開催している。複数の語り手が参加して、一般的な評価や知名度に関係なくただただ自分が好きな作品の魅力を語る企画である。 今までに三回実施し、各回ともだいたい五人程…

『<アルハンブラ・ホテル>殺人事件』 I・オエルリックス 論創社

●『<アルハンブラ・ホテル>殺人事件』 I・オエルリックス 論創社 読了。 割と地味な事件が途中から、(伏字)による殺人なんて趣向になってくる。ところがその方向で不可能興味を前面に出して盛り上げるかと思いきや、そうでもなく。物語の力点は、準主人…

東京文学フリマ

●東京文フリでお手伝い、兼委託本の頒布をしてきた。そこで買った本。『CRITICA vol.16』 探偵小説研究会編著『不思議の達人(上)』 G・バージェス ヒラヤマ探偵文庫『虹の秘密』 加藤朝鳥 ヒラヤマ探偵文庫『姿なき祭主』 G・ブリストウ&…

「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクト第十九回

●「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクトの第十九回として、引き続き第四巻を読んでゆく。今回は、医者とその周辺とを題材にした短編集「紅き燈火を繞りて」から、後半の六編である。 面白かったのは、音と声とで読者の想像を刺激しながらじわじわと…

『ねずみとり』 A・クリスティー クリスティー文庫

●『ねずみとり』 A・クリスティー クリスティー文庫 読了。 戯曲である。以前小説版を読んでいたので、真相に対する驚きは無い。けれども初読なら十分楽しめると思う。全体としてクリスティーの上手さに感心する。そもそも、吹雪に閉じ込められた旅館に個性…

『悪の断面』 N・ブレイク ハヤカワ文庫

●『悪の断面』 N・ブレイク ハヤカワ文庫 読了。 田舎のホテルに滞在している科学者一家。外国のスパイが科学者の発明を狙っていた。やがてスパイ組織は彼の娘を誘拐し、発明を渡すよう脅迫してきた。 敵側の一味は最初から明らかにされている。メインの謎…