累風庵閑日録

本と日常の徒然

『鉄道エッセイコレクション』 芦原伸編 ちくま文庫

●『鉄道エッセイコレクション』 芦原伸編 ちくま文庫 読了。 「「読み鉄」への招待」という副題が付いている。列車、駅、時刻表といったテーマ毎にそれぞれいくつかのエッセイを収録したアンソロジーである。この手の本を読むとき、日本各地の鉄道が通ってい…

『渡辺啓助探偵小説選I』 論創社

●『渡辺啓助探偵小説選I』 論創社 読了。 昨日の日記に書いたノンフィクションを少し読んだら気分が変わったので、予定を変更してこっちを読み終えることにした。ねっとりとした変格探偵小説の書き手というイメージだったが、本書では予想外の軽妙な作風が…

リハビリとしてのノンフィクション

●あともう少しで一冊読み終えるところで、頭がフィクション疲れを起こしてしまった。残りは数十ページしかないが、もう読めない。架空の物語を頭に受け入れる気にならない。リハビリのため、ノンフィクションを手に取ることにする。フィクションとノンフィク…

『前後不覚殺人事件』 都筑道夫 光文社文庫

●『前後不覚殺人事件』 都筑道夫 光文社文庫 読了。 散りばめられた雑学は楽しく、文体の工夫やちょっとした仕掛けには感心する。いかにも都筑道夫らしい懲り様である。だがこの真相はちょっとどうも…… 滝沢紅子シリーズはこの一冊しか手元に無い。面白かっ…

『不思議を売る男』 G・マコーリアン 偕成社

●『不思議を売る男』 G・マコーリアン 偕成社 読了。 ふとしたことから古道具屋で働き始めた奇妙な男、MCC・バークシャー。店を訪れた客が売り物に興味を示す度に、彼はその品物にまつわる物語を語りだす。という設定の連作短編集。全体を覆う枠組みがひ…

『鮎川哲也探偵小説選II』 論創社

●『鮎川哲也探偵小説選II』 論創社 読了。 「冷凍人間」 犯罪組織を抜けようとして制裁された男。製氷会社の冷凍室で凍死させられそうなところを、彼は危うく逃げ出す。しかしその影響で体が凍ったままの冷凍人間になってしまった。組織に対する冷凍人間の…

『一瞬の敵』 R・マクドナルド ハヤカワ文庫

●『一瞬の敵』 R・マクドナルド ハヤカワ文庫 読了。 家出した娘を連れ戻して欲しい。そんな単純な依頼は、読み進めるにしたがって次第に様相を変えてゆく。事件は拡大し複雑化し、多くの人の関わりが見えてくる。主人公リュウ・アーチャーは現在進行形の事…

『川野京輔探偵小説選I』 論創社

●『川野京輔探偵小説選I』 論創社 読了。 艶笑小咄に濃い目のグロテスク風味を利かせて探偵小説の器に盛りました、といった塩梅の作品集。残念ながら私の好みではなかった。ただ、文章の読みやすさは評価したい。偉そうで申し訳ないけれども。さっと読めて…

今月の総括

●今月の総括。買った本:八冊読んだ本:十一冊 去年の十月からコマ切れに読んできたドイル全集第二巻を読了できたことで、プラス一冊である。

『ドイル全集2』 C・ドイル 改造社

●『ドイル全集2』 C・ドイル 改造社 読了。 「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクトの第十一回として、第二巻で残っていた「スターク・マンロオの手紙」を読んだ。青年医師が独り立ちしようとして人生に苦闘する、手紙形式の物語である。どうやらド…

『飛鳥高探偵小説選IV』 論創社

●『飛鳥高探偵小説選IV』 論創社 読了。 メインの長編「青いリボンの誘惑」は、胸に染みる良作。複雑な人間関係をじっくりゆっくり解きほぐしてゆくうちに、様々な人達の様々な想いが浮かび上がってくる。 他にいくつかコメントを付けるならばまずは「去り…

『寝台急行「昭和」行き』 関川夏央 中公文庫

●『寝台急行「昭和」行き』 関川夏央 中公文庫 読了。 鉄道旅行を題材に、昭和時代の来し方に思いを馳せる紀行エッセイである。読んでいると私自身の幼少期の記憶が刺激されて、地元ローカル線の風景が浮かんでくる。遠い国鉄時代の、木造駅舎とディーゼルカ…

『修羅櫻』 桃源社

●『修羅櫻』 桃源社 読了。 合作時代活劇である。共著者として背表紙に名を連ねているのは、江戸川乱歩、角田喜久雄、城昌幸、陣出達朗、村上元三の五人。ところが奥付に著者としてあるのは陣出達朗のみ。実際は合作ではなく陣出の単著で、他の共作者は名義…

『死のチェックメイト』 E・C・R・ロラック 長崎出版

●『死のチェックメイト』 E・C・R・ロラック 長崎出版 読了。 事件も展開も地味。登場人物達の個性で読ませる作品である。関係者によるディスカッションが何度か行われるが、ごりごりにロジックで真相を追及するのではなく、事件にまつわる四方山話といっ…

『十三の階段』 山田風太郎 出版芸術社

●『十三の階段』 山田風太郎 出版芸術社 読了。 山田風太郎コレクションの第三巻である。風太郎が関わった連作ミステリを全て収録したという。本書はまず第一に、こんな珍品の数々を読めることに大きな意義がある。 収録作中のベストは「怪盗七面相」。同じ…

『息子殺し』 R・ウィンザー カッパノベルス

●『息子殺し』 R・ウィンザー カッパノベルス 読了。 原題の直訳は「三つの殺人動機」だそうで。作者の力点は、動機を含めた人間の情念を書くことにあるのだろうか。結末で出来上がった絵柄には関係者の様々な想いが絡みあっていて、小説を読み終えた満足感…

『藤原宰太郎探偵小説選』 論創社

●『藤原宰太郎探偵小説選』 論創社 読了。 熱意先行型のマニアさんが書いた作品には、題材を詰め込み過ぎてページ数とのバランスが取れなくなっている例がちょいちょい見受けられる。ところがこの作者はそうではない。ページ数に応じた過不足のない題材でも…

『怪盗ニック全仕事1』 E・D・ホック 創元推理文庫

●『怪盗ニック全仕事1』 E・D・ホック 創元推理文庫 読了。 こういう、明るく軽快な作品集は久しぶり。さくさく読めて上々である。「真鍮の文字を盗め」は作りすぎという気がしないでもないが、出来上がった絵柄が上手く納まっている。「邪悪な劇場切符を…

同人誌『ネタバレ全開! 横溝正史読書会レポート集』

●何人ものお方にご協力いただいた同人誌『ネタバレ全開! 横溝正史読書会レポート集』が完成した。内容は題名の通りで、過去に開催した横溝正史読書会のレポートである。想定読者を対象作品読了済みの人間に限定して、これまた題名にあるようにネタバレ全開…

『岩田賛探偵小説選』 論創社

●『岩田賛探偵小説選』 論創社 読了。 探偵が、結末で初めて読者に示される手がかりに基いて真相を見抜く展開がやけに多い。ページ数の都合があるだろうし、戦後すぐのこの時代だったら普通の書き方だったのかもしれんが、後出しの作品が続くと読んでいて冷…

『踊り子の死』 J・マゴーン 創元推理文庫

●『踊り子の死』 J・マゴーン 創元推理文庫 読了。 大量の伏線が嬉しい。初読の者が途中で気付ける性質の伏線ではないけれども、最後になっていちいち後戻りして確かめる作業が楽しい。 物語の進展にしたがって容疑者がくるくると変わってゆく。その中で、…

今月の総括

●今月の総括。買った本:四冊読んだ本:十冊 購入量が少なくて、いいことである。

『加納一朗探偵小説選』 論創社

●『加納一朗探偵小説選』 論創社 読了。 収録の三長編を、先月から一編ずつ読んでいった。 「ホック氏の異郷の冒険」 その昔角川文庫で読んでいるが、内容は全く覚えていないので初読同然である。一歩一歩着実に事件がほぐれてゆく展開が私好み。隠し場所に…

『森下雨村探偵小説選III』 論創社

●『森下雨村探偵小説選III』 論創社 読了。 第二巻を読んで、雨村の作風は分かっている。偶然に偶然を重ねてその上から偶然を振り撒くのだ。最初から期待値低めで臨んだので、ロジックや推理の妙味がわずかでも漂っていればそれなりに満足である。 「魔の…

『ミステリは万華鏡』 北村薫 集英社文庫

●『ミステリは万華鏡』 北村薫 集英社文庫 読了。 ミステリを中心に、文学や絵画やその他いろいろまで広い題材を扱うエッセイ集である。どうもこういうものの感想を書ける気がしない。読んだという記録としてここに書いておく。

『首』 横溝正史 角川文庫

●『首』 横溝正史 角川文庫 読了。 「生ける死仮面」 グロさを前面に出した愛欲と情念の物語(伏字)のが気に入った。 「花園の悪魔」 同年に発表された長編「幽霊男」から、いくつかの要素を抜き出して再構成したような作品。動機の異様さが甚だしい。 「首…

「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクト第十回

●「改造社の『ドイル全集』を読む」プロジェクトの第十回として、第二巻を読み進める。今回読むのは、「シヤアロツク・ホウムズの事件録」の後半六編である。 「這ふ男」は、物語をあそこで終わらせずにもっと発展させたらストレートな(伏字)ホラーになる…

『小酒井不木探偵小説選II』 論創社

●中断していた『小酒井不木探偵小説選II』 論創社 を再開して読了。 霧原警部ものの二編「呪はれの家」と「謎の咬傷」とは、科学的捜査法が作者の意図した読みどころなのかもしれんが、むしろ奇天烈な真相の方が記憶に残る。シリーズ以外にも、題名は書か…

『村山槐多 耽美怪奇全集』 学研M文庫

●『村山槐多 耽美怪奇全集』 東雅夫編 学研M文庫 読了。 およそどんな対象にも、マニアさんはいるだろう。村山槐多マニアにとっては、本書は感涙ものの一冊ではないかと想像する。収録内容は小説に詩に、ノンフィクションの紀行文まで。なんと未完成の作品…

誤配書簡

●読んでいた論創ミステリ叢書の、ページをめくる手が止まってしまった。つまらないわけではないのだが、どうも頭が受け付けなくなった。こういうことはたまにあるのだ。中断して明日から別の本を読むことにする。 ●注文していた本が届いた。 『誤配書簡』 W…